日本人になじみが深い軟水、ヨーロッパなどで一般的な硬水、その定義とはどのようなものなのでしょうか。それぞれの数値をもとにWHOによる分類も含めて解説していきます。

硬水と軟水の定義と違いって?具体的な硬度の数値をWHOによる分類も解説!

硬水と軟水の定義と違いって?

ミネラルウォーターなど飲料水でよく「軟水」や「硬水」といったことを見聞きすることがあると思いますが、この軟水と硬水の違いを詳しく理解しているといった方はあまり多くないでしょう。では、具体的な硬水と軟水の違いや定義とはどのようなことなのでしょうか。

軟水と硬水の定義とは

飲料水に限らず生活用水も含めて、水の違いは分類のひとつとして軟水と硬水というものに分けられています。その基準となるのが、水1リットル中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表す硬度です。軟水は硬度が低い水、逆に硬度が高い水が硬水です。

国によって硬度を表す方法は違います。例えば日本では、カルシウムとマグネシウムを炭酸カルシウム量に変換したものを硬度と定義します。mg/L又はppmで表記されます。これを計算式にすると下記のような簡便式を用いて計算することができます。

硬度[mg/l]=(カルシウム量[mg/l]×2.5)+(マグネシウム量[mg/l]×4.1)

これはアメリカでも同様です。

一方、ドイツなどではカルシウムとマグネシウムの量をすべて酸化カルシウム量に置き換えて高度を表します。

WHO(世界保健機関)では、120mg/l以下の硬度の水を軟水と定義し、120mg/l以上の硬度の水を硬水と定義します。分かりやすく言い換えると、カルシウムとマグネシウムがたくさん入っている水が硬水です。東京の水道水は、硬度が60mg/l前後なので軟水と分類されます。日本でも販売されていて目にすることの多いエビアンの硬度は304mg/lなので硬水です。

一般的には、下記のように分類されることが多いです。

  • 硬度) 0~100mg/l=軟水
  • 硬度) 101~300mg/l=中硬水
  • 硬度) 301mg/l以上=硬水

また、日本の理化学辞典では硬度は下記の用に定義されています。

  • 硬度178mg/L以下=軟水
  • 硬度357mg/L以上=硬水

日本の多くの水は軟水

日本の水の多くは軟水です。軟水は、すっきりとクセのない飲みやすい味で、硬水は独特のクセや香りがある飲みにくい味です。異なる成分により、軟水は口当たりがなめらかで、硬水はしっかりと重い飲みごたえになります。

水の硬度は地域により異なる

ヨーロッパや北米には硬水が多く存在します。これは大地を形成する地殻物質が異なるからです。天然水は、雪や雨水が地中にしみ込み、自然の力に寄り地層中で汚れやゴミをろ過して、土の中のミネラル分を吸収して湧き出します。日本の国土は狭いので、地層に浸透する時間が比較的短く、ヨーロッパや北米のような大陸では逆に時間が長いことが、硬水と軟水と分かれる理由の一つです。

日本の水は軟水が多いですが、その地域によって水の硬さは違ってきます。関東地方と関西地方では出汁の味が異なるように、水も地方によって個性があります。関西の主な水源は、琵琶湖ですが、この地域の水は軟らかいのが特徴です。関東の主な水源は、関東ローム層の地域になります。この地域の火山灰層にはx炭酸カルシウムが多く含まれており、この影響で水は比較的硬いです。また、沖縄の地域では中硬水が多いです。

ヨーロッパも地域ごとに水の特徴が異なります。例えば、北欧の国フィンランドなどでは軟水が多いですが、ドイツやオーストリアなどでは硬水が多く、フランスやイタリアは中硬水が多いと言われています。日本でも販売さているコントレックスなどの有名なミネラルウォーターが硬水なので、ヨーロッパは硬水というイメージが強いですが、同じ国でも土地の地層や地質により高度は変わります。

まとめ

見た目は同じ水ですが、その成分は地域により異なります。硬水と軟水はその成分により、働きや味も異なります。市販のミネラルウォーターなどを購入する際には、自分の目的に合った水を選ぶことが重要です。そのためには硬水と軟水の違いを正しく理解するようにしましょう

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。