古くから日本人が飲み続けた軟水にはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。蛇口をひねっただけで安心・安全な軟水を飲むことができる日本人が知り合いおすすめの用途まで解説します。

日本でポピュラーな軟水って?メリット・デメリットからおすすめの用途までご紹介!

ご存知の方も多いとは思いますが、日本の水道水はほとんどが軟水だといわれています。私たち日本人はどちらかというと硬水よりも軟水の水の味のほうに馴染みのある方が多いでしょう。では普段、軟水を使っている私たちにとって軟水とはどのようなメリットデメリットがあるのか知りたいと思いませんか。これからおすすめの用途もあわせてご紹介していきます。

軟水の特徴

日本の水は外国に比べて、硬度が低いとされています。日本の水道水は、硬度80未満の軟水が多く、日本では、一部の地域を除く水は軟水といわれています。軟水は金属石鹸が出来にくいという特徴があります。

軟水のメリット

軟水のメリットは、硬水に比べて泡立ちがよく、体を洗うときにぬめりを感じることができます。また一般的に和食やコーヒー、喫茶などの用途には軟水がよいとされています。

これは和食の出汁をとるときに昆布に含まれるグルタミン酸や鰹節のイノシン酸の抽出時に硬水に含まれるミネラルが悪影響を及ぼすからです。料理などに使うとさらに風味が増します。なぜなら、水に含まれるマグネシウムには独特の味や風味があるためです。素材の味や風味を生かすため、料理に使う水はマグネシウムが比較的少ない軟水を使う方がよいでしょう。

コーヒーは、浅煎りのアメリカンでは軟水を用いることで、豆本来のよい香りとさっぱりした味を楽しむことができ、深煎りのエスプレッソでは、硬水を用いることで渋味の成分がカルシウムなどに結びついて、苦み、渋みが除かれてまろやかさが増し、コクが加わるといわれています。

酒造には水中のミネラルは糖をアルコールに変える麹菌を活性化させ、発酵が進みやすくなるため、すっきりした口当たりの、辛口の酒ができる硬水のほうが適しており、軟水は甘口になり、且つ醤油の醸造には適しています。

また金属イオンが少ないことから、染色でも均一に仕上がり、よいとされています。

そして、軟水の代表的な効果は、体への吸収がよいということになります。軟水は全般的に健康によいといわれています。

その理由としては水を飲んでから体に吸収されるまでのスピードが速いため、日常の水分補給には軟水が効果的です。例えば、スポーツなどの激しい運動をしているときは、素早く水分補給をする必要があるため、硬水よりも軟水を飲む方がよいといわれています。

軟水は胃腸に負担がかからないので、お腹に優しい水といえます。もともと、日本人は軟水を飲み慣れているので、急に硬水を飲んだりすると、胃腸に負担がかかり、下痢などの体調不良になるケースがあるようです。このように体への吸収が非常によいため、赤ちゃんにも最適なお水と言われます。

他にも軟水には、老廃物の排出を促進させる効果があり、硬度の低い水ほどデトックス効果が期待できるようです。

他にも軟水は、身体から老廃物を出す効果があり、硬度の低い水ほどデトックス効果が期待できるようです。基本的に軟水は、毎日適量飲んでいると、健康的な体作りに役立ちます。血行促進にもなる上に体調不良を改善する力もあるようです。軟水は吸収力があるので、身体の血の巡りが良くなり、老廃物の排出が期待できます。

また疲れた体にも嬉しい効果があります。エネルギーを充填する就寝時にその効果は特に表れやすいので、夜寝る前や朝起きて一番に、積極的に軟水で水分補給を行うとよいでしょう。

軟水のデメリットとは?

それでは軟水のデメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。軟水には種類によりますがミネラルの補給が思ったほどできないことがデメリットといえるでしょう。ミネラル分を多くとろうと思うようであれば軟水の種類を見極めた上で摂取することが重要となります。

まとめ

日本では当たり前のように飲んでいる軟水ですが、軟水のメリットやデメリットを理解することで、使用方法や摂取の仕方も変わってくるのではないでしょうか。普段飲んでいるお水にもありがたい効果はたくさんあるのです。