日本は蛇口から安全で衛生的な軟水が出てくる環境にあります。水資源に恵まれた日本人だからこそ、ウォーターサーバーというかたちで、おいしい水をいつでも飲むことができる環境を取り入れてみるべき理由を説明します。

健康のためにはウォーターサーバーがマストハブ!その理由をご紹介

私たちが日ごろから摂取し、慣れ親しんでいるのは軟水です。日本にいて水道水をメインで使用する場合は、軟水を摂取していることになります。日本の水は比較的安全に使用できると言われていますが、家族の健康のためにもっとより良い水を取り入れることはできないのでしょうか。

より健康によい水とは

身体のための水…と考えて多くの人が思いつくのがミネラルウォーターでしょう。ミネラルウォーターには軟水と硬水があるので、自分で好みのものを選択することができます。ミネラルウォーターを生活に取り入れることで、健康面でも料理の味などの生活面でもメリットがあるでしょう。

しかし軟水のミネラルウォーターをたくさん購入して毎回重たいペットボトルを運ぶのは大変です。家族が多い場合、また用途が多い場合は、1日に2リットルのペットボトル1本では足りません。購入するのも苦労しますし、空のペットボトルは毎日捨てないと、あっという間にたまってしまいます。

美味しいだけではなく便利に水を取り入れる

美味しい水を自宅に常備するためには、ウォーターサーバーがおすすめです。ウォーターサーバーに使用される水の多くは、天然水やRO水といった安全性の高い水が使用されています。天然水とは、地下水を原水とする水のことで、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分を多く含む水になります。沈殿、ろ過、加熱殺菌のみ行われており、それ以外の処理をされていません。

また、天然のミネラルが含まれたものをナチュラルミネラルウォーター、人工的にミネラル分が添加されたものをナチュラルウォーターと呼び、市販されているものは後者にあたります。

ウォーターサーバーには、天然水だけでなくRO水を採用しているメーカーも多くあります。RO水とはRO膜処理がなされた水のことで、ROとはReverse Osmosisの略です。「逆浸透膜」とも呼ばれる極薄のフィルターでろ過処理された水のことをRO水と呼びます。ROは非常にろ過力の強い膜で、ほとんどの不純物を取り除くことができます。

しかしミネラル成分まで除いてしまうので、後から人工的にミネラル分をプラスして販売することが多いです

それに対し天然水は、特定の水源を原水として集められた水で、過分なろ過処理は行われていません。もちろん安全のため最低限のろ過や加熱殺菌は行われますが、天然のミネラルが豊富に含まれた身体にうれしい水と言えるでしょう。そして、RO水はその中に含まれる不純物を除去してくれるため、限りなく純水に近くなります。これは放射性物質に対しての除去能力があるため、赤ちゃんや子どもでも安心して飲ませることができます。

また、ウォーターサーバーは基本的に業者が定期的に宅配してくれるため、その手間は一切かかりません。その空になったボトルも業者が回収してくれるため、ゴミの量が増えることもありません。何より、ひとつのボトルの貯水量が多く、目視もできるため、飲みたいときに無くなっていたということもほとんどありません。

このように、水を購入するという手間がいらないことも、ウォーターサーバーの魅力です。小さな子どもを持つ女性や高齢者の人にとっては、とても便利なものです。費用が高いのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、比較的安価で利用でき、購入する手間も省けるので、利用しやすいのではないでしょうか。

また基本的に日本の水道水は50ミリグラム前後の軟水が多いといわれていますが、ウォーターサーバーの水はさらに低く20ミリグラム前後の超軟水が多いとされています。そのため料理などでも大活躍します。乾燥肌の人にはウォーターサーバーの水を加湿器に使ってみるというのもおすすめできます。超軟水の水がなめらかに肌に密着してくれることで滑らかな肌になっていきます。

まとめ

より健康になるために水を検討したいと考えている人は、さまざまな用途で大活躍してくれるお水としてウォーターサーバーを導入してみてはいかがでしょうか。便利で手軽なウォーターサーバーを生活の中で活用していくことで充実した水環境に満足できることでしょう。