豊富な水資源に恵まれた日本では軟水が一般的に飲まれています。一方、ヨーロッパなどでは硬水が一般的です。この二つの水にはどのような違いがあるのか、それぞれのメリット・デメリットを比較しながら説明します。

ミネラルウォーターなど飲料水でよく「硬水」や「軟水」という言葉を聞いたことがある人は多いはずです。しかし実際に聞いたことはあっても違いについて詳しく理解している方というのは少ないのではないでしょうか。なぜ同じ水なのに軟水や硬水として分かれているのでしょうか。それぞれの違いについて解説します。

硬水と軟水の分類

その違いの基準となるのが、水1リットルに含まれているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表す硬度です。この硬度が低い水を軟水、高い水を硬水というように分類しています。

硬度とは、水1,000mlに含まれるカルシウムとマグネシウムを表わした値です。硬度の違いにより硬水と軟水に振り分けられ、その基準はWHOやメーカーがそれぞれ独自に定義をしています。

WHOでは、軟水は120mg/l以下の硬度の水硬水は120mg/l以上の硬度の水と定義しています。つまり、カルシウムとマグネシウムの量が比較的たくさん含まれる水が硬水ということになります。

日本の水は軟水?

軟水の水日本人が飲み慣れているのは軟水です。その味はすっきりまろやかな味ですが、硬水は比較的飲みにくい重たい味といわれています。 見た目は同じ水ですが、飲みやすく感じたり、重々しく飲みにくく感じたり、風味の違いあるのは硬度の違いのためです。

日本は軟水というイメージがありますが、地域によって高度は違います。関西の水は軟らく、それに対して関東の水は比較的硬いのが特徴です。もちろんヨーロッパも地域ごとにお水の特徴が異なります。

軟水のメリットとは

軟水のメリットは、硬水より泡立ちがよく、体を洗うときにぬめりを感じることができます。また一般的に日本食やコーヒー、喫茶などの用途には軟水がよいとされています。

コーヒーを飲む男女料理などに使うとさらに風味が増します。水に含まれるマグネシウムには独特の味や風味があるためです。素材そのものの風味を生かすことができるので、料理にはマグネシウムが少ない軟水がよいでしょう。

また軟水のすばらしいところは全般的に健康によいといわれています。その理由としては水を飲んでから体に吸収されるまでのスピードが速いため、日常の水分補給には軟水が効果的です。例えば、スポーツなどの激しい運動をしているときは、素早く水分補給をする必要があるため、硬水よりも軟水を飲む方がよいといわれています。

水分補給をする女性軟水は、比較的胃腸に負担がかからないので、お腹に優しい水といえます。もともと、日本人は軟水を飲み慣れており、急に硬水を飲んだりすると、負担がかかり、下痢などの体調不良になるケースがあるようです。このように体への吸収が非常によいため、赤ちゃんにも最適なお水と言われます。

また、疲れている時なども効果的です。エネルギーを充填する就寝時にその効果が表れやすいと言えます。就寝前や起床後には、積極的に軟水を摂取するとよいでしょう。

軟水のデメリットとは

しかし、軟水にもデメリットはあります。軟水には種類によりますがミネラルの補給が思ったほどできないことです。ミネラル分を多くとろうと思うようであれば軟水の種類を見極めた上で摂取することが重要となります。

硬水のメリットとは

では反対に硬水のメリットとデメリットはどういったものになるのでしょうか。硬水にはミネラルが多く含まれていることがメリットになります。基本的にはミネラルは体内で生成されることが無い成分のため、食事で摂取する必要があります。ミネラルが足りない場合は欠乏症や、さまざまな不調の原因になるとされています。

このため、マグネシウムとカルシウムが豊富に含まれた硬水はミネラル補給に適しているのです。軟水に比べると硬水は圧倒的にマグネシウムとカルシウムが豊富です。

便美解消などの効果も期待できる

便秘気味の女性そのマグネシウムを多く含んでいる硬水は便秘解消に優れています。マグネシウムは腸内に水分を保ち、柔らかい便を作る働きがあり、マグネシウムの摂取が便秘には効果的とされています。特に便通が良くなる効果が期待できると人気の超硬水は、多くのマグネシウムが含まれています。多くの下剤にもマグネシウムが含まれています。またアメリカのNIHの報告では、マグネシウムを多く摂取することで脳卒中のリスクが下がると言われています。

他にも、マグネシウムを適切に摂取することが、2型糖尿病に効果があることがさまざまな研究で明らかになってきています。国内の糖尿病ではない40~79歳の人を対象に21年間追跡した研究によると、マグネシウムの摂取が増えると、2型糖尿病のリスクが優位的に約37%低下するという結果が出ています。

骨粗鬆症や頭痛の予防にも

偏頭痛に悩まされる女性そして骨粗鬆症の予防にもよいといわれています。マグネシウムの約6割は骨や歯に存在しており、不足すると骨から溶け出し骨密度の低下につながるため積極的に摂取することで、骨の健康維持に役立ちます。

その他、マグネシウム欠乏症は、頭痛を助長する原因のひとつとしても考えられています。偏頭痛を有する人は、体内のマグネシウムの値が、通常の人より低いとされていますので積極的に取り入れたいところです。

硬水でカルシウムを摂取

硬水は、カルシウムも豊富に含まれています。腸の働きを良くする働きがあるので、免疫機能の改善も期待できます。

またマグネシウム同様に骨粗鬆症の予防になります。血中のカルシウム濃度が低下すると、骨中からカルシウムが溶け補填する作用があり、この作用が骨密度を低下させるひとつの要因となっていますので積極的に摂取する必要があるでしょう。

硬水に合う料理

肉料理また硬水のメリットを活かした用途としては、肉の煮込み料理の場合は、余計なタンパク質などを灰汁として抜き出してくれるので、肉を軟らかくしたり臭みを消したりする効果があるといわれています。そのため肉料理や肉を使った洋風だしを作る上で軟水より適しています。

また、糊化が抑制されるため、スパゲッティでは塩を入れなくてもアルデンテができ、ジャガイモの煮崩れを抑制することができ、豆や米では堅く炊きあがります。

そして緑茶は軟水で煎れたものが旨いと考えられていたようですが、近年では硬水で煎れたものの方が、旨みが強いとする研究もあるようです。

硬水のデメリットとは

ミネラルが多い硬水に適さない用途そして硬水のデメリットとしては一般に、飲料水、料理、洗濯、染色、工業などの用途には適さないといわれています。ミネラルが多い硬水は、思い口当たりでクセがあるので、飲みにくく、飲料水としては向いていません。

日本人に硬水は合わない?

一般的には私たち日本人にとって軟水の水の味のほうが硬水に比べると慣れ親しんでいることでしょう。なぜなら、日本の水道水の水は軟水であるからです。そのような軟水の環境で育った私たちの体は軟水で出来ているといわれるように日本人には硬水は不向きだといわれています。

その具体的な理由とは一体どうしてなのでしょうか。日本は、昔から周りの水が軟水であることが当たり前の状態で過ごしてきました。日ごろから軟水を使用し、軟水の成分に慣れているので、急に硬水を摂取すると便が緩くなったり、場合によっては肌が荒れてしまったりトラブルが起きる可能性もあります。

お腹を気にする女性また前述したように飲んだときの口当たりにも違いがあります。硬水には苦味がありクセがあるので、慣れていないと飲みにくいと感じる人もいることでしょう。水の味などわからないという人でも飲み比べてみればその違いの差ははっきりとわかります。硬水が多い欧米でも、硬水の味を変えるために浄水器が使われるほとです。

その味のクセは、料理などにも影響が出ます。例えば口当たりのよい軟水を使用したコーヒーの味は、まろやかで酸味の効いた味になりますが、硬水で淹れると苦味が強調されてしまいます。硬水の味が好みの人もいるかもしれませんが、知らないで飲んだら、その味に驚いてしまうかもしれません。

そして、日本人が海外旅行するときも注意が必要です。海外では水道水を飲むと、食中毒に似た水あたりと呼ばれる症状になってしまう可能性があります。普段軟水で生活している日本人は、海外の硬水で体調を崩すことが多いので、自分で水を用意するなどの工夫が必要になります。

より良い水を摂取するために

私たちは日本にいて水道水をメインで使用しているので軟水を摂取していることになります。しかし水道水の軟水で生活していくことに満足できるのでしょうか。誰でもきれいで新鮮な水を常に体に取り込みたいと考えることでしょう。

ミネラルウォーターを飲む女性それであれば、すぐ思いつくのがミネラルウォーターになります。ミネラルウォーターには軟水と硬水があるのはもちろんのことですが、私たち日本人の体にあっているのは軟水となります。

しかし実際は軟水のミネラルウォーターをたくさん買っても毎回重たいペットボトルを運ばなくてはなりません。ペットボトルのサイズも2リットルが限界なので、飲んでもすぐに空のペットボトルを処分しないといけなくなります。

そこでいつでも自宅に常備できて便利 で健康によいお水が必要となるようであればウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーの天然水とRO水

ウォーターサーバーに使用される水の多くは、天然水やRO水といった安全性の高い水が使用されています。天然水は、地下水を原水とする水のことで、ミネラル分を多く含む水になります。沈殿、ろ過、加熱殺菌が行われており、それ以外の処理をされていません。

ウォーターサーバーには、天然水だけでなくRO水を採用しているメーカーも多くあります。ROは非常にろ過力の強い膜で、塩素やカルキを除くのはもちろんのこと、ウィルスや重金属類、ダイオキシンなどほとんどの不純物を取り除くことが可能です。

ただミネラル成分まで除かれてしまい、物足りない味になってしまうので、人工処理をしてミネラル分を追加して販売されることが多いです。国の基準をパスした安全な水であればどこで採水された水でもRO水は作ることができるので、比較的低価格のものが多いのも特徴です。

それに対し天然水は、特定の水源を原水として集められた水で、過分なろ過処理は行われていません。自然による天然のフィルターにより余計なものが除かれた水を使用しているため、人工的な処理は必要ありません。

RO水を飲む子供もちろん安全のため最低限のろ過、加熱殺菌は行われますが、自然のミネラルが豊富に入っている身体にうれしい水と言えるでしょう。そして、RO水はその中に含まれる不純物を除去してくれるため、限りなく純水に近くなります。これは放射性物質に対しての除去能力があるため、赤ちゃんや子どもでも安心して飲ませることができます

ウォーターサーバー導入のメリット

また、ウォーターサーバーは、基本的に水は業者が定期的に宅配してくれるため、その手間は一切かかりません。その空になったボトルも業者が回収してくれるため、ゴミの量が増えることもありません。何より、ひとつのボトルの量も多く、目視もできるため、飲みたいときに無くなっていたということもほとんどありません。

このように、水を購入するという手間がいらないことも、ウォーターサーバーの魅力です。そして小さな子どもを持つ女性や高齢者の人にとっては、とても便利なものです。利用するのにも、大きな費用は必要無いため、興味がある人はぜひ利用を検討してみるとよいでしょう。

また基本的に日本の水道水は50ミリグラム前後の軟水が多いといわれていますが、ウォーターサーバーの水はさらに低く20ミリグラム前後の超軟水が多いとされています。そのため料理などでも大活躍します。例えば、だしをとるときなども昆布などからエキスがよく出るようになり、また料理によっては調理時間を短縮することもできます。硬度が下がるほど、浸透する率は上がっていくのです。

超軟水は、水からでも出汁がたっぷりとれるように料理にも大活躍します。また乾燥肌の方にはウォーターサーバーの水を加湿器に使ってみるというのもおすすめできます。超軟水の水がなめらかに肌に密着してくれることで滑らかな肌になっていきます。

まとめ

このようにさまざまな用途で大活躍してくれるお水としてウォーターサーバーを導入してみてはいかがでしょうか。便利で手軽なウォーターサーバーを生活の中で活用していくことで充実した水環境に満足できることでしょう。

ボトル型ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、おすすめのボトル型ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:フレシャス

フレシャス
初期費用無料※一部条件付き
月額費用サーバー300円(税抜き)~、水925円(税抜き)~
電気代月約330円~950円
メンテナンス代無料
解約金ご契約後またはサーバー交換後、9ヶ月未満でご解約された場合、税込16,200円
9ヶ月経過後、2年未満でご解約された場合、税込9,720円

フレシャスは、軽量パック式で簡単にお水交換ができることが特徴のウォーターサーバーです。

従来のボトル式は重量があり、女性や高齢の方にとってはお水の交換が負担になってしまう一面がありましたが、フレシャスであればそういった心配はありません。

また、グッドデザイン賞を受賞しており、インテリア性が高い点も人気のポイントです。自宅にウォーターサーバーを設置したいけれど置き場所に余裕がない、という方は少なくありませんが、小さな卓上型タイプもラインナップされているので、置き場所を選ばないのも魅力となっています。

天然水も富士・朝霧高原・木曽の3種類が用意されており、それぞれ味や成分量に違いがあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

2位:コスモウォーター

コスモウォーター
初期費用無料
月額費用1,900円(税込2,052円)※水12L
電気代約465円
メンテナンス代定期メンテナンス不要
解約金規定利用期間(2年)満了前に解約もしくは交換を希望される場合、解約に9,000円(税込9,720円)、交換に5,000円(税込5,400円)

コスモウォーターは汲みたての天然水であることを売りにしていて、採水したばかりの水をボトルに詰め48時間以内に出荷をしてくれます。

採水敷地内の地下深くから毎日汲み上げているので新鮮であり、溜めておいた水をボトルに詰めて出荷しているのではないので鮮度が全然違います。

ボトルにも工夫をされていて、密封形となっているため外気に触れづらくいつまでもクリーンな状態を保つことができます。

水の品質の高さは世界も認めていて、モンドセレクション2017年度金賞を受賞、アクアソムリエが美味しい水と認め、天然水の宅配のウォーターサーバー売上ナンバーワンという実績があります。

このように水自体の美味しさと実績の高さが、コスモウォーターの魅力となっています。

3位:アルピナウォーター

アルピナウォーター
初期費用無料
月額費用サーバー572円(税抜き)~、1,050円(税抜き)※水12L
電気代概ね電気ポットをご使用の場合と同程度
メンテナンス代無料
解約金サーバー設置後1年以内にサーバー引上げを行う場合は、4,762円(税別)

アルピナウォーターふたつのサーバーがありどちらにも共通するのが温水・冷水機能が備わっていて80度以上のお湯、10度以下の冷水がすぐ使える機能です。

いつでも温かいお茶やコーヒーを飲むのにも使えますし、新鮮で冷たいお水を飲むのにも便利です。

エコサーバーは機能が充実していて小さな子供がいても安心のダブルチャイルドロック、サーバー内をきれいに保つ自動クリーニング、電気代の節約につながるECOモードが搭載されています。

ボトルサイズは3種類ほど用意されていて、軽量で持ち運びがしやすい8Lのものにスタンダードな12L、たっぷり大容量で水の使用量が多い家庭や事務所の設置に最適な18.9Lの3つがあるので用途に合わせて選ぶことができます。